人気ブログランキング |

Cupotea 紅茶教室

cupot.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 14日

茶経と一保堂


e0296696_19522270.jpeg

先日、立川の伊勢丹に買い物に出ると京都の有名店の出店するイベントに遭遇。

偶然、京都の老舗茶屋「一保堂」のブースを見つけたので、いくつか緑茶を購入しました。

お正月が近いのでこの時期ならではの縁起物『大福茶』も。
お正月に備えて楽しみが増えました。

実はお茶も楽しみですが、その時包んでくれた包装紙にも目が…
そう、一保堂さんの包装紙は『茶経』の1ページ。
『茶経』とは8世紀頃、中国の陸羽という人が書いた、世界ではじめての“茶”に関する総合的な専門書です。つまり、最古のお茶の書物です。

一保堂さんの包装紙が茶経のどの部分か気になって、早速帰宅して本棚から茶経を取り出し調べてみました。

私のお茶を包んであったのが半分に切られた左側だったので、包装紙は推測するに上巻の一の源。有名な「茶は、南方の嘉木なり…」の所でした。

やはり!

でも、私のお茶を包んであった左側の最後に面白い一節が。

「茶の用途だが、味は寒性の極みで沈静の薬効があるから、きっと、真面目で細々と行き届く倹約家の人に向いていることだろう。…」


え!?

真面目で倹約家??(汗)

お茶好きの皆さ~ん!当てはまりますか?


私は…全然当てはまりません(^^)
訳文には「きっと」って書いてあるからいいよね(笑)

包装紙から随分楽しませて頂きました。


そう、今回は買いませんでしたが、一保堂さんには『嘉木』という名前の緑茶もありましたよ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『暮らしの紅茶』はこちら→


■ファーストレッスン(体験レッスン) お申込み受付中! 詳細はこちら

*日程・時間のご相談もお受けいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです☆

by cupotea | 2015-12-14 08:13 | お茶


<< クリスマス・ティータイム      柚子とチーズ >>