Cupotea 紅茶教室

cupot.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 09日

手作り紅茶と丸子紅茶

かなり前になりますが・・・8月に静岡にお茶の研修に行ってきました。
e0296696_11181251.jpg

一面に広がる茶畑。何列かごとに違う品種が植えられています。

e0296696_11184249.jpg

かわいい一芯二葉がいっぱい♪

e0296696_11185192.jpg

こちらは紅茶を作る際使う揉捻機

茶業研究所で茶摘みをしたり、紅茶の製造過程を見学したり、日東紅茶の工場を見学し、ドイツ製のティーバッグの機械「コンスタンタ」が実際に動いているのを見たり・・・本当に楽しく、勉強になる研修だったのですが、その際茶摘みした茶葉で作られた手作り紅茶が手元に♪

静岡で購入した「丸子紅茶」があったので、比べてテイスティングをしてみました。

最近はインド・スリランカ・ジャワなど海外の産地の紅茶ばかり飲んでいたので、少しドキドキ・・・

e0296696_11193265.jpg

左:丸子紅茶 右:手作り紅茶
e0296696_1119367.jpg

左:丸子紅茶 右:手作り紅茶

少し覚え書きを・・・

手作り紅茶
茶葉:チップが目立つが、やや赤みがかっている。BOPタイプ
水色:明るい。赤みがかった橙色。
香り:すっきりした爽やかな香り。
味:中国種の国産紅茶にしては渋味も感じた。コクもあってなかなか美味しい。

丸子紅茶
茶葉:黒っぽい。OPタイプに近い
水色:明るい鮮紅色。少し暗い。
香り:香水の様な甘い香りを感じた
味:渋味も少しあるが、さほど強くは無く飲みやすい。

私は手作り紅茶の方が好きでした。
丸子紅茶の方が少し癖がある気がします。

自分たちの摘んだ茶葉で作った紅茶だから、より美味しく感じたのかしら・・・?
でも、今回のお茶はかなりいい出来の気がしました。

国産紅茶はコストもかかり、生産者の方の苦労は大変なものだと思います。でも、作り続けてくださる方がいる。嬉しい事です。
海外の産地の紅茶に比べるのではなく、「国産紅茶」としての道を違う道としてこれからも頑張って歩んでいって欲しいと思います。

日本国内には様々な国産紅茶があるとの事、私も多くを飲んだ事がある訳ではないですが、これから気にしていろいろと飲んでみたいと思いました☆

なかなか面白いです、国産紅茶!


にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。クリックしていただけると嬉しいです☆

by cupotea | 2012-10-09 11:25 | 紅茶


<< スパイスミルクティーで秋      ミヤマクワガタの子供たち >>